IwamotoBlog

俺に付いて来い

可読性の高いPHPについて考えてみた

この四月から東京のWeb会社でエンジニアとして働き始めました。

最近とある案件でHTML+αみたいなWebアプリを作り、そこで選定した技術がPHPだったのですが、初めてのわりには良く書けたなぁと思いました。それはやっぱりPHPの平易さ故だと思うし、こういう+αが気楽に出来るのはPHPならではの強みですね。

しかし、それだけ簡単な為に雑に書いたPHPの恐ろしさは並では無いのだろうとも思いました。考えるだけでも背筋が凍りそうです。

この記事ではそんな悲劇を生まないよう、PHP案件をやった上で僕が気を付けた事を書いていきたいと思います。

続きを読む

Unityで出現率、発生率をパーセンテージで調整出来るシステムを実装する

Unityバンザイ!Unity大好きおじさんです。

Unityでゲームを作ってるとランダムにこのイベントを発生させたいとか、ランダムにこのモンスターを出現させたいなどの処理を実装したくなる事があると思われます。またそのような処理を実装する際に、今後のことを考慮して出現率などをUnityEditor上から値を設定出来るようにしておくとレベルデザインがとても容易なものになるでしょう。
今回はそのようなシステムの実装をお教えしたいと思います。

続きを読む

git ignore (arg)で言語に対応した.gitignoreファイルを生成できるようにした

タイトルまんまです。

.gitignoreを生成してくれるgiboというライブラリがあり良く使っていましたが、giboを単順に実行しても標準出力がなされるだけで.gitignoreは生成されず、正直クソダルいなあと思っていたのでそれを解決しようと思いました。

加えてgitコマンドから叩けたり、引数の補完なども出来たら最高だよねとか考えながら作ったものがこちらです。

f:id:PEPOipod007:20161107192459g:plain

$git ignore Unityと打つと、Unityに対応した.gitignoreがカレントディレクトリに自動生成されます。

ソースコード

github.com

続きを読む

XcodeからiTunes Connectにアプリをアップロード出来ない時の対処法

XcodeでアプリをArchiveし、Upload to AppStoreをクリック。Validateの完了を確認し、Uploadをクリック。
後はUploadの完了を待つだけ……。

の、はずだったのに。いつまで経っても終わらない。Sending API usage to iTunes Connectと表示したまま一向に動きを見せない。
何を送っているんだ?いつまでお前はAPIを送信するつもりだ?

やがて録り貯めていたアニメを一本見終わる頃にXcodeをもう一度開いてみると......

f:id:PEPOipod007:20160226192408p:plain

よくある事です。Macを殴る手を止めて下さい。
ほら、以下の引用を読んで一緒に笑いましょう。

I also faced similar problem. I can't upload from my office, but can upload from my home. I assumed that my office's internet connection has problem with Apple server. If you get problem with Xcode to upload, you can download Application Loader separately from iTunes connect and try with that and wait for passing sending api usage state.

stackoverflow.com

まあ違うWi-Fiにアクセス出来る環境なんて、そう直ぐに用意できる人は中々居ませんよね。
そこで今回はこのような問題が起きた時に、直ぐに対処出来る方法を皆さんにお教えしようと思います。

続きを読む

プログラミング初心者に贈る処方箋

こんにちは!プログラミング一年生の皆さん。プログラミング二年生の岩本です。

ここ一年、結構初心者の方々にプログラミングを教える機会に恵まれました。
難しいですよね、プログラミング。やってみよう!と思う人こそ多けれど、やってみると「思うように書けない…」だったり、「どうすればいいのか全然わからない…」という症状に陥ってしまい、あえなく撃沈。そのままプログラミングを辞めてしまう…といった方を幾人も見掛けてきました。

でも実は、初めたての頃に陥りがちなこれらの症状って、良い習慣や心構えを持つ事で、ある時スッと抜け出せるようになります。
今回はその初心者が陥りがちな症状に効く「こうした事に気をつけてご覧」といった事や、「こうすると良いよ」という処方箋のようなものを、ここに記してみようかと思います。

続きを読む

Unityで叩くTwitter,Facebook API

この記事は CAMPHOR- Advent Calendar 2015 8日目の記事です。

「イケてるSNSクライアントアプリを作ろう」と言われた時、皆さんは何で開発しますか?
Swift?Java?それも良いかもしれないですね。ですが、敢えて言わせていただきましょう。それ、学習コスト高くないですか?
言語だけでなく、IDEにさえ高い学習コストが求められるこれらは、多くの場合志半ばでの挫折を招いてしまうでしょう。
ここでの最もNiceな回答をお教えします。「Unity」それが正解です。
学習コストが極めて低いUnityで開発すればSNSクライアント程度、3日もあれば完成するでしょう。
ということで本日は、UnityからTwitterFacebookAPIを叩く方法を皆様に伝授しようと思います。

続きを読む

SpriteRendererのbounds.size.xとScreen.widthのサイズ違う問題でハマったお話

なんかオシャレなアプリを作る案件に携わらせて頂いく事になりまして、感謝カンゲキ雨嵐です。
まあSwiftやらSpriteKitやらを使って作る技量も気力もないので、当然の様にUnityでやります宣言をしました。こういう時Unityは本当に有り難いですね。
で、本題に入るんですがある日背景画像の無限スクロールなんかを実装したいなあと思ったんです。まあ、Sprite一つ一つにpublic変数持たせてどうのこうのなんて辛い事したくないので、順当に画面サイズとかSpriteのサイズとかをイイ感じに使って実装したいですよね。
そんな時、悲劇は起きました。

続きを読む